日本との比較で見るフィリピン概要

日本との比較で見るフィリピン概要

フィリピンをざっくり理解しようとするとき、フィリピンのことを単独で知るよりも日本との比較をすることで、より分かりやすくなります。

そんなわけで、ここでは日本との比較によってフィリピンの概要を見ていきましょう!

日比の比較 – 「地理」に関する内容

日本 比較項目 フィリピン
東アジア 分布エリア 東南アジア
37万7974㎢
(61位)
国土面積 29万9404㎢
(70位)
東京都 首都 メトロマニラ(マニラ市)
東京都 最大の都市 メトロマニラ(ケソン市)
温帯
(北海道・東北は冷帯)
(南西諸島は亜熱帯)
気候区分 熱帯
6,852 島の数 7,107

フィリピンは島の数が多いとよく言われますが、実は日本も多いんですね。

日比の比較 – 「人」に関する項目

日本 比較項目 フィリピン
1億2631万人(2019年)
(11位)
人口 1億98万人(2015年)
(12位)
日本語 公用語 フィリピノ語、英語
神道:70.4%
仏教:69.8%
キリスト教:1.5%
その他:6.9%
宗教構成 キリスト教(カトリック):80.6%
キリスト教(その他):8.2%
イスラム教:5.6%
民族宗教:2.0%
その他:1.9%
なし:1.0%

フィリピンの人口が2014年に1億人を突破しました。

また、フィリピンはアジアでは数少ないキリスト教の国です(フィリピン以外は東ティモールのみ)。このことは、現代フィリピンを深く理解するうえでかなり重要なファクターになります。

日比の比較 – 「政治」に関する項目

日本 比較項目 フィリピン
安倍晋三
(首相)
元首 ロドリゴ・ドゥテルテ
(大統領)
立憲君主制 政治体制 共和制
日本国憲法 憲法 フィリピン共和国憲法
参議院(上院)と衆議院(下院) 立法府構成
(国会構成)
元老院(上院)と代議院(下院)

特筆すべきは2016年に大統領に就任したロドリゴ・ドゥテルテでしょう。ドゥテルテについては別の記事で深く書く予定です。

日比の比較 – 「経済」に関する項目

日本 比較項目 フィリピン
4兆9718億ドル
(3位)
名目GDP
(2018年)
3309億ドル
(40位)

他の項目は随時追加していきます。

参考・出典資料はこちら。

今回の記事の参考資料・出典元(引用元)は以下になります。卒業論文・修士論文・各種リサーチなどで元情報・元データが必要な方は、こちらを参照ください。