フィリピンを「知る」

フィリピンってどんなイメージ? – イメージの検証から見えてくるフィリピンの概観【1/3】

「フィリピン」と聞いて、皆さんどんなイメージを持ちますか?

と言っても、これまでフィリピンに行ったことのある人とない人で、イメージはだいぶ変わってきそうですよね。

それに、行ったことある人でも、行った都市によってイメージはだいぶ変わってきそう。

そんなこんなで今日からの3回では、フィリピンのイメージと、その検証を通してフィリピンの概観を見ていきましょう!

1. フィリピンに関するイメージのアンケート

以前、フィリピンに行ったことのない大学生にアンケートを取ったところ、

   「バナナ!」

   「なんだか危ないイメージ・・・」

   「セブの海」

   「マンゴー!」

   「東南アジアで熱い国」

   「英語が上手」

   「性産業が盛んなイメージもあるなぁ」

   「あ、大統領がやばいやつ!」

などなど、たくさんのイメージが出てきました。

2. イメージを大雑把に分類してみる。

アンケートで挙がったイメージを、大雑把に「ポジティブなイメージ」、「ネガティブなイメージ」の2つに分類してみると、

  • ポジティブなイメージ
     ① 果物がたくさん!(バナナやマンゴーが有名)
     ② 海がきれいなリゾート地!
     ③ フィリピン人は陽気!
     ④ 英語が得意!
  • ネガティブなイメージ
     ① 危険な国なイメージ・・・。
     ② 大統領がやばいやつ・・・。
     ③ 性産業がさかん・・・。

次回、このイメージの検証をしていきましょう!